除去する前にカバーアップについて考慮しよう

除去する前にカバーアップについて考慮しよう

刺青除去やタトゥー除去をしたいという人の中には、2通りのタイプが存在します。
1つは若気の至りで入れてしまったけれど、大人になり入れた事自体を後悔しているタイプです。
この場合は、クリニックに行き、適切な除去法で治療を行い、刺青やタトゥーを除去するしかありません。

 

ED治療なども可能な神成美容外科http://biyou-kousei.jp/menu/ed01.html

 

ですが除去法は、刺青やタトゥーを入れるよりも大変な行為で、たくさんのお金と時間がかかってしまいます。
もしあなたが刺青やタトゥーを消したいと思う理由が入れた事自体を後悔しているのではなく、デザインが問題の場合は、カバーアップと呼ばれる方法があります。

 

刺青やタトゥーのデザインが問題とは、一体どういう事なのでしょうか?
例えば当時付き合っている相手のイニシャルを入れてしまったり、当時は格好いいと思っていたデザインが今では恥ずかしくなってしまったケースです。

 

刺青やタトゥーがある事に対しては、後悔をしていないのであれば、カバーアップといって、新しい絵柄に変える事が可能です。
先ほども言いましたが、刺青やタトゥーは、入れるよりも消す方が大変です。
そのため苦労して消すのではなく、今納得がいくように、カバーアップを行い新しい絵柄に変えてしまった方が、簡単だと言えるでしょう。

 

カバーアップを行う上で、重要な事は、センスのいい施術者に依頼するという事です。
基本的にカバーアップでは、濃い色の上から、薄い色を入れる事は出来ません。
そのため前の絵柄を生かしながら、全く異なる新しい絵柄の格好いいデザインにすてもらいましょう。
刺青やタトゥーを除去する前に、除去せずに問題は解決しないか考えてみる事も大切です。